現場目線のコンサルティング

医療コンサルタントとして活躍している方は数多くいらっしゃいます。
医療経営に欠かせない存在として、医療機関の経営を支えているといっても過言ではありませんね。
優秀な医療コンサルタントも多く、今更私のようなものがコンサルタントを標榜するのも奥がましいかもしれません。

ではなぜ医療コンサルタントとして仕事をしようと思ったのか?
それは、医療経営を支える仕事をしたかったのではなく、「医師」と「患者」との間に立って双方の希望、期待に沿える存在になりたかったからなのです。

数多い医療コンサルタントの中でも、患者とダイレクトに接しながら医療経営をサポートする人物はなかなかいないでしょう。
どの業界でもそうですが、コンシューマー、エンドユーザーの声をどう吸い上げるか、それが経営を左右するわけですから、その声をどうやって取得するかがキーポイントになります。

当社は患者様に直接関与していきます。
もちろんアンケートをとるためだけに患者に接するわけではなく、患者様にとっての利益を医療機関とともに共有できるような、そんなアプローチを行っていきます。そのことが結果として医療機関に利益をもたらすこととなると考えております。また経済的、金銭的利益にとどまらず、医療機関の存在自体が地域全体の共通利益となっていきますので、そのためにもコンサルタント自身も患者様と関わっていく必要があるのだと考えています。

患者様と接点を持ち、また医療スタッフとも接点を持つことでその医療機関の強みや悩み、それらに対する課題も見えてきます。現場目線でのコンサルティングはまさにここで威力を発揮するのです。